C&K | AKB55 ダンサーFKK(FUYUMI・KONOMI)をご紹介します

C&KにはDJスタイルでのライブパフォーマンスのほか、Adult Kurimoto Band average55(通称AKB55)という平均年齢55歳(編成によっては48歳らしいです笑)のバンドスタイルが存在します

 

DJでのダンサーは主にZEROSENですが、AKBでのダンサーはFUYUMI、KONOMIの2人の女性ダンサー「FKK」が担当しています

この記事では、C&KとAKB55の音に彩りを添えるFKKの魅力、そしてFUYUMI、KONOMIの経歴などをまとめてご紹介したいと思います

 

当サイトのコンテンツや情報において

当サイトの記事、情報は、わたしが個人的に様々な媒体から情報を集め要約しました。
可能な限り正確な情報を収集、掲載するよう努めていますが、必ずしも100%正しいと保証できません。
また当サイトに掲載された内容によって生じた損害等に関しても
一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

FKKとは

エフカーカーではありません。エフケーケーと読みます

FUYUMI(フユミ)KONOMI(コノミ)の2人の女性ダンサーです

と言っても2人組ではなく、通常は個別に活動しています

FUYUMI(左)とKONOMI(右)

 

FKKは2016年3月、初めてAKBツアーを開催した時から、AKBツアー(ライブ)のダンサーを勤めています

 

AKBとFKK(2016年3月)

 

CLIEVY
CLIEVY

AKBツアーは、僕らがクラブでやっていたころの仲間のFUYUMIと、あの僕の大好きなチームに兄が在籍するKONOMIがダンサーです!

KEEN
KEEN

二人とも昔からのつながりの仲間です。横浜BRIDGEからの縁です

FKKという呼び名は「FUYUMI、KONOMI、KAKKO-E」の略で、CLIEVYさんに名付けられました

名付け当初は、本番で忘れてしまいそうだとCLIEVYさんは話していましたが、今ではすっかり定番となっており、むしろFKKという名前の由来を忘れているのではないかと思ったりもします(笑)

FUYUMIさんとC&K

FUYUMIさんとC&Kは、デビュー前に「横浜BRIDGE」というクラブで毎月第4金曜日にやっていたイベント(「HAPPY MANIA」)で出会いました

レギュラーダンサーとしてパフォーマンスをしていたFUYUMIさんとは、毎月のように同じ時間を過ごしていた仲間でした

C&K初めてのワンマンライブ(@代官山UNIT)でも踊ってくれていました

ライブする人よりもダンサーが多い中、フロアで一緒に踊っていたのがC&Kの2人だった

音楽も歌声もグルーブ感もかっこよくて、このやばい2人組は何だろうという感覚がとても印象的だった。

FUYUMIさんインタビュー記事より抜粋

FUYUMIプロフィール

FUYUMI -前畑 冬美-

幼き頃、母の好きだった<GROLIA ESTEFAN&MIAMI SOUND MACHINE>を子守唄として育ち、10歳の時に何気なく手に取った、<Dr.DRE>のアルバムとの出会いが彼女を洋楽へと導いた。。。高校生になり、大好きなBLACK MUSICをもっと肌で感じたいという思いから独学でDANCEを始める。。

GROOVEとSKILLと創造性を共に持ち合わせ、枠に捕らわれる事のない、様々な要素を独自で取り入れ、音楽の持つ本来の形を追求し、SOUNDから想像される世界観・パワーを体(心体)で感じ、自分と融合させ、言葉のイントネーションやブレス・楽器の強弱にいたるまで表現し、<魅せる>事にこだわるダンサーである。

様々なカルチャーを取り入れた<TOKYO CREATIST>とのパフォーマーとしてのコラボレーション以外にも、<ダンスは音楽である・・・>と語るだけあり、FUNK BANDとのセッション、加藤ミリヤやYU-A等のバックダンス、安室奈美恵やMISS MONDAY等のPV出演、三浦大知・柴田知美・SWEEPとの1対1のコラボレーション以外にも彼女主体での公演プロデュースから演出に至るまで多彩な才能を発揮している。

Ameba Blogより引用

 

FUYUMIさんは、地元のテレビやラジオにも多数ご出演されていました

 

現在は、プロダンサーとしての活動のほか、施設訪問型エンターテイメント団体「SHERRY TOPAZ」を立ち上げ、横浜・元町にレッスン&レンタルスタジオ「Boo Thang/ブーサング」を構え、様々な年代の人たちにダンスの楽しさを伝えています

 

友人NR
友人NR

プロのダンサーとして自分が踊るだけではなくて、老若男女様々な年代にダンスを好きになってもらおうとするFUYUMIさんの熱いダンス愛がビシビシ伝わってくる〜〜〜〜〜!

友人 tutu
友人 T

あと、スタジオ名の「Boo Thang」には、【Boo=愛する人】【Thang=物・事】という意味があり、この2つの言葉に想いを込め、たくさんの人や夢と出会わせてくれた<横浜・元町>に設立したそうですよ

2019年4月には「Boo Thang」にホームギャラリーをOPEN。KONOMIさんが初めて個展をしました

View this post on Instagram

🌿Homegallery Boo-Thang🌿 ・ 改めまして…OPEN致しました!!! ・ 小さい時から絵が好きで美術館が好きで、クリエイトする人が好きで、周りに素敵なアーティストたちが居て。 アーティストたちが、その人らしく気兼ねなくその時の自分を等身大で表現できて、観る人も身構えずリラックスして愉しめる場所になったらいいな!と。 また、クリエイトすることから繋がったり知ったり喜んだりして、更にご自身を愉しめる時間を一緒に作れたらいいな!と。 ワクワクしながらOPENさせて頂きました!!!!✨✨✨ ・ KONOMIにとっても私にBoo-Thangにとっても初めての個展。 素晴らしいスタートをきらせて頂きました🌿 ・ これから沢山の方々の喜びになれるよう学びを重ね精進してまいりたく思います。 どうぞ宜しくお願い申し上げます!!! #boo_thang #ホームギャラリーブーサング #gallery #yokohama #横浜 #konomi

A post shared by FUYUMI_boo (@fuyumi_boo) on

 

SNSでFUYUMIさんをフォローしよう!

「愛を浴びて、僕がいる」

C&Kの名曲「愛を浴びて、僕がいる」の振りはFUYUMIさんが考えたそうです。

昔からゴスペルが好きで、いつかゴスペルの振り付けをしたいという気持ちを持っていたFUYUMIさん。

手話を主体にして言葉の裏の根っこにあるものを伝えたい、そして、何らかの形でC&Kの音を形にしたいと思っていたので、それが「愛を浴びて、僕がいる」で実現できたのが嬉しかったと語っていました。

 

C&Kから見たFUYUMIさんの印象

 

-FUYUMIはめちゃくちゃ踊ってる人という印象。昔からスピーカーの真ん前はFUYUMIの場所だった。

 

あの頃(HAPPY MANIA)は音に合わせて踊るのが好きなダンサーがフロアで順番に踊っているのをずっとやっていた。

1人ではなくて、みんなで一つのダンスをしているような感じで。

そういう環境で僕らは培われた

C&Kインタビュー記事より

 

 

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました