「C&K」を応援するファンブログです

ライブ中、荷物はどうするか調べてみました

FAQ

スタンディングライブって座席がありません。
なので、ホールと違い、席の下に荷物を置いたり出来ません。

そのため会場には必ずコインロッカー、あるいはクロークが用意してあります

ロッカーやクロークがあるということは「荷物を持ってフロアに入るなということ」です

C&Kライブは、アップテンポで踊ったるする曲も多いです
荷物を持っている人がいると、中に入って見られない人も増えてしまいます

ここではスタンディングライブの時の荷物について、説明しますね!

スポンサーリンク

ライブ中の荷物は?

荷物をどうするかは、参加するライブ形態によって異なります

ホールなど座席指定の場合は、自分の座席の下に置けるのでOKですが、
スタンディングの場合は、手荷物に注意が必要です

満員電車みたいに会場内は人でパンパン!
そんな中、カバンを床に置いたり、リュックを背中に背負っていたり、、
そんな行為は、迷惑でしかないです
一人でも多くの人が会場内でライブを楽しむために、
荷物はロッカーまたはクラークに預けることがマナーです

 

ライブハウスには大概ロッカーがあります(ないライブハウスもまれにある様子)
あったとしても数が少ない場合もあるので、事前チェックは必ず!

ライブハウスの外にロッカーがあって、開場前に預けられるならば、OKですが
会場の中にしかない場合は注意。
入場してからロッカーを探していてもいいですが、
番号が良かった場合、後ろで見ることになってしまいます

駅や周辺のロッカーに預けるということも視野に入れておきましょう

 

クロークの流れ

1.まずクローク受付でビニール袋を買う
2.荷物を袋に入れる
3.しっかり結び、再度渡す(名前など必要事項を紙に記入することもある)
4.引換券をもらう※会場によっては何度でも出し入れが可能なところ、出し入れが不可なところがあるので注意

 

ライブの時は荷物をロッカーまたはクロークに預けよう!

ライブ中って何を持っていればいい?

リュックやバックは預けたけど、ライブ中って何を持ってればいいかという疑問もあります

必ず必要なものは、チケット・ドリンク代(小銭) 

そのほか、携帯電話やタオル、リップクリームなどの小物が必要な女子もいると思いますが、
最低限のものは上記2つです

携帯電話は持っていても良いですが、会場内は撮影禁止です(自撮りも含め)
踊っていて破損や紛失のリスクもありますので、個人の判断に委ねます

まとめ

・ 荷物はロッカー(またはクローク)に。床置きはとても危険&迷惑。
・ 手荷物はチケットと小銭と楽しむ心。

 

タイトルとURLをコピーしました