【現在メンテ中】紅白出場を目指す「C&K」の情報サイト

2019/04/07(日)16:00〜17:30 ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」

4月7日(日)16:00〜17:30
ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」
※公式HPはこちら

 

楽しかった!

会話の持っていき方といい、気の使い方といい、ほんと素敵な鶴瓶師匠に感謝!

後記

ニッポン放送「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(4月7日放送)では、CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)からなる男性ボーカルユニットC&Kのふたりが出演し、大学時代の思い出話を語った。

鶴瓶は彼らのライブDVDを見ているうちに、だんだんとその魅力に惹かれたということで今回のゲスト出演が実現した。ほとんど初めましてでのトークでは、ライブパフォーマンスの話やCLIEVYがライブ中に両足を骨折してしまった話、ふたりの絶妙な関係性など様々話題に挙がった。

中でもふたりが出会ったきっかけでは、CLIEVYと鶴瓶が思わず意気投合した。C&Kが大学生だった頃、KEENさんが構内を歩いていると虹色のセーターに前髪がひと房だけ長い人が歩いているのが見えて「この人面白いな」と声をかけたのがCLIEVYだったそう。CLIEVY曰く、当時はアラブにハマっていてつま先が異様にとんがったスニーカーを履いていたとか。

その話に鶴瓶も「なんで大学って急に個性出したがるんだろうな・・・」と同意。鶴瓶自身も大学生時代はずっと、ゲタを履き、どてらを着、髪型はアフロという異色な恰好をしていたそうだ。鶴瓶もCLIEVYも声をかけようとは思えない大学生だ。

しかしKEENはそんなCLIEVYを同じサークルに勧誘、飲み会の後に行ったカラオケを通してお互いの音楽性に惹かれあってC&K結成に繋がるそうだ。人を見た目で判断してはいけないが、どこに出会いがあるかもわからないものだ。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました